たるんだ背中をすぐに引き締める方法!簡単にできる背中痩せダイエット

「痩せよう!」と決意すると、まずはおなかや太もも、二の腕などに気が向きがちですが、実は思いのほか頑固なのが「背中」のぜい肉です。
しかも、背中のぜい肉は上半身を分厚く見せ、全体的に大きくのっそりとした印象にしてしまいます。
女性ならやはりスラリとした華奢な体に憧れるものですよね。
背中はなかなか自分では見ることのできない場所なので、日ごろから意識してチェックすることが大切。
そこで今回は、背中の脂肪を集中的に燃やす「背中痩せダイエット」のやり方を紹介したいと思います。

自分の背中、チェックしていますか?

背中に脂肪が付くと、洋服を着てもパツパツになってしまったり、変なシワが寄ってしまったりして、服が似合わなくなってきます。
「お気に入りだったはずの服が、なんだか似合わなくなってきたみたい…」
そんなふうに感じた時は要注意!
服が似合わなくなる原因のほとんどは、体に脂肪が付いたことです。脂肪は重みでだんだん下にたるんでくるので、ボディラインを崩す元凶!

特に、背中は意識的に合わせ鏡でチェックしないかぎり自分の目には入りませんから、つい気を抜いてしまいがちな場所ですよね。
でも、背中は実は他人によく見られています。
普段から念入りに自分の後ろ姿をチェックして、分厚い背中にならないように気をつけていきましょう。

背中は実はたるみやすい!?

背中は脂肪がたるみやすい場所です。
とくに猫背の人は背中に緊張感がなく筋力が低下しているので、背中についたぜい肉が重力でだんだん下がってきてしまうのです。

これを予防&改善していくためには、背中の筋肉を鍛えて引き締めることがポイント。
背中の筋肉を鍛えると代謝が上がって脂肪が燃えやすくなる上に、筋力で姿勢を維持できるようになるので、背筋もスッと伸びて見た目がかなりスッキリしてきますよ。
背中は、首からウエストまで美しいS字カーブを描くのが理想です。背中のトレーニングをしっかり行えば、そのような女性らしいラインの背中になることができますよ。
たるんだ背中は老けてみられますし、洋服もステキに着こなせなくなってしまいます。日常に取り入れられる簡単なトレーニングで、背中すっきり美人を目指していきましょう!
ではさっそく、具体的な背中痩せトレーニングの方法を説明していきたいと思います。

背中すっきり美人になるトレーニング

まずは基本のストレッチです。
トレーニングの前にこちらのストレッチでしっかり肩周りをほぐしましょう。

  • 両手を両肩に置きます。
  • 両手同時に、肘から動かすような要領で前まわりに5回、後ろまわりに5回まわします。
  • これを3セットおこないます。

次に、背中をシェイプアップさせるトレーニングを紹介します。

  • 両手と両膝を床に付き、おしりを上げて背筋をピンと伸ばします。
  • 右手を前に、左足を後ろに上げてまっすぐ伸ばし、3秒間キープします。
  • 元の姿勢に戻し、もう片方も同じようにおこないます。
  • 左右を交互に10回おこないます。慣れてきたら20回に増やしましょう。

次のトレーニングはダンベルか水の入ったペットボトルを使います。重さは自分に合ったものを選びますが、最初のうちはダンベルなら0.5㎏、ペットボトルなら500mlからスタートしましょう。

  • 同じ重さのダンベル(ペットボトル)を2つ用意します。
  • 両手にダンベル(ペットボトル)を持ち、足を肩幅に広げて少し前かがみになります。
  • 背筋を伸ばし、腰を痛めないように少し膝を曲げます。
  • 手の甲が真下を向くようにして、腕を伸ばしたままダンベル(ペットボトル)をゆっくり肩の位置まで上げます。
  • ゆっくり元に戻します。
  • 10回から始めて、慣れてきたら20回に増やしましょう。

※ひじを痛めないように、ダンベルやペットボトルは強く握り締めず、ひじにはあまり力が入らないように注意しましょう。

次もダンベルかペットボトルを使ったトレーニングです。

  • ダンベル(ペットボトル)を両手に持ち、足を肩幅に開いて少し膝を曲げます。
  • ダンベル(ペットボトル)を持った両手を前に垂らし、少し前かがみになります。
  • ひじを曲げて後ろに引きながら、両手をおなかの位置までゆっくり持ち上げます。
  • ゆっくり元に戻します。
  • 10回から始めて、慣れて来たら20回に増やします。

※この運動も、ひじを痛めないようにひじの力を抜いておこなってください。手を持ち上げる時は背中や肩甲骨を意識しながら動かすとより効果的です。

まとめ

背中は、比較的脂肪のつきにくい部位なのですが、一度ついてしまうとなかなか落ちないと言われています。
日頃から姿勢を良くしたり、背中や腕をよく動かすようにしたりと、背中に脂肪が付かない工夫を心がけてください。

ついてしまった脂肪は、ぜひこの記事で紹介したトレーニングで解消していきましょう。
ダンベルやペットボトルを使ったトレーニングは、どちらも腕の力ではなく背中の筋力で持ち上げるようイメージしながらおこなうのがコツです。
積極的に背中の筋肉を動かして、余分なぜい肉のないすっきりした後ろ姿を目指しましょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る